【監禁嬢(かんきんじょう)】4巻 第34話ネタバレ『全校放送で2人の行為の声が!』ネタバレ 画像 結末 無料試し読みなど

こんにちは!

 

監禁嬢が好きすぎる

隠れ腐女子のあすかです☆

 

今回も監禁嬢の

ネタバレ記事を書いていきます!!

 

 

登録ナシで無料試し読み

もできますので読んでみてください!

※【監禁嬢】で検索してください

 

 

 

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】4巻 第33話ネタバレ『裕行のアソコを掴む』ネタバレ 画像 結末 無料試し読みなど

2017.09.18

【監禁嬢(かんきんじょう)】4巻第33話感想『2人の才能の違い』ネタバレ画像 感想 無料試し読みなど

2017.09.18

 

 

【監禁嬢】第34話「音源」ネタバレ

 

葵が初めて作った曲を聞いて

昔を思い出す裕行と葵。

 

しかし裕行は

この曲の音源が実家にしかない

と言う葵の言葉を聞いて

胸騒ぎがする。

 

葵には

「実家に連絡して

音源があるか確認してみてくれ」

と言って自分は

「放送室に行く・・・!!」

と言う裕行。

 

放送室に行こうとする裕行を

「ちょっと待って!!

1つだけ訊かせて」

と呼び止めて質問する葵。

 

「美沙ちゃんの何が良かったん?」

 

あまり答えたくない裕行だが

葵の真剣な目を見て

「わかったよ・・・」

と了承する裕行。

 

裕行と美沙子が付き合い始めて

しばらくした時のこと・・・

 

裕行が

「何で何も言わないの?」

とバイト減らしてもっと小説書けとか

早く諦めて定職つけとか

中途半端な状態なのに

何故何も言わないのかと

美沙子に質問する。

 

すると美沙子は

「別にどっちでもええからな~」

と言う。

 

「ヒロちゃん基本

もがいてるやん?

どんな状況でも

理想の自分に近づくために・・・」

 

「せやからウチは

どんなヒロちゃんでも

それがヒロちゃんなら別にいい」

ともがいて未来を見ている裕行なら

小説を書いていてもいなくても

どちらでも言いという美沙子。

 

裕行はそんな美沙子といることで

満たされて小説を書くことも止めた。

 

「おもしろい答えでも

納得できる答えでも

ないのはわかってる・・・

でもこれが

お前の訊きたいことのすべてだよ」

と葵に言う裕行。

 

その時

校内に流されていた曲が終わり

何やら男と女の話している声が

流れてくる・・・

 

その声の主は

裕行と葵で

2人の録音された会話だった。

 

男の声が裕行の声だと

わかる生徒たち。

 

裕行は2人の昔の会話が

流れてくるということに

異常さを感じて

走って放送室へ向かう。

 

そして会話はエスカレートして行き

2人がエッチをしている時の

声と音が流れ始めて・・・

 

 

 

以上

第34話のネタバレでした。

 

 

まだ読んでいない人は

登録ナシで無料試し読み

できますので読んでみてください。

※【監禁嬢】で検索してください

 

 

 

 

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】4巻第34話感想『役を1つ失う裕行』ネタバレ画像 感想 無料試し読みなど

2017.10.01