【監禁嬢(かんきんじょう)】第13話ネタバレ後半『ナチュラルボーンブス』ネタバレ 感想 試し読みなど

こんにちは!

 

監禁嬢が好きすぎる

隠れ腐女子のあすかです♪

 

今回も監禁嬢の

記事を気ままに書いていきます!

 

 

登録ナシで無料試し読み

もできますので読んでみてください!

※【監禁嬢】で検索してください

 

 

 

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】第13話ネタバレ前半『ナチュラルボーンブス』ネタバレ 感想 試し読みなど

2017.01.06

 

 

【監禁嬢】第13話「同僚」ネタバレ後半

 

放課後・・・

 

ブサイク友人の梓が

女教師の柴田に

服装と髪のことで注意され

言い争いをしていた話を

美術室で裕行にする麻希。

 

「柴田先生も

気の毒だよねー」

 

「加齢による劣化とか

もはや関係ない・・・

ナチュラルボーンブスに

おばさんとか言われてもさぁ・・・」

 

つまらなそうに聞いていた裕行は

何の用なのか麻希に質問するが

麻希は裕行が最近すぐ帰って

全然相手にしてくれないと不満気。

 

裕行は家族が心配なんだと・・・

 

またカコが

俺以外の命には執着しない

と言っていたから麻希も

何されるかわからないから

関わるなと言う裕行。

 

麻希はそれを聞いて

(あの女を利用してやる)

と思いつつ

麻希と先生を引き合わせたのは

カコなんだからと

「心配するなら守ってよ」

と言う。

 

それを聞いた裕行は

(そういやあの女・・・

藤森を使って何を・・・)

とカコが麻希を

巻き込んだ理由を考える。

 

そんな裕行に麻希は

「2人で一緒に

あの女が誰なのか

突き止めよう!!」

と提案してくる・・・

 

裕行は

自分が監禁された部屋に

ヒントがあるハズだと言い

それを聞いた麻希は

”山奥”

”廃材”

”鏡”

”写真”・・・

と黒板に書いたところで

「鏡に貼ってあった写真の人達

1人1人に当たってみたら?」

と・・・

 

 

その時!!

 

 

ガチャガチャ

鍵が締まっている

美術室に入ろうとする

物音がして

麻希は

「ダメだよ隠れなきゃ!!

鍵まで閉めて

明らかにあやしいじゃん!!」

とムリヤリ裕行と一緒に

身動きが取れないくらい狭い用具入れ

に隠れる・・・

 

そしてその時

美術室に入ってきたのは

女教師の柴田だった・・・

 

 

以上

第13話の後半部分の

ネタバレでした。

 

 

まだ読んでいない人は

登録ナシで無料試し読み

できますので読んでみてください。

※【監禁嬢】で検索してください

 

 

 

 

【監禁嬢(かんきんじょう)】第13話感想『ナチュラルボーンブス』ネタバレ 感想 試し読みなど

2017.01.06

【監禁嬢(かんきんじょう)】第14話ネタバレ前半『密室で手コキ』ネタバレ 感想 試し読みなど

2017.01.23